定期的な手入れがいる機械式時計

クォーツ時計ではない機械式の時計は内部構造がシンプルで、長く使えるため人気がありますよね。定期的にゼンマイを巻くなどの、作業はいりますが数十年使える場合も多いです。ただ定期的な手入れをしないと動作がおかしくなるので、購入をした時は対策をしておくべきでしょう。

製品にもよりますが機械式時計は、大体3年に一度程度は手入れをしなければいけません。オーバーホールは購入したお店で頼むか、時計を作ったメーカーに相談すれば対応できます。商品によって費用は変わってきますが、数万円程度ですむので大きな負担になるケースは少ないです。ただ安い機械式時計の場合はサポートがなく、長く利用できないケースもあるので注意が必要です。

機械式時計を長く使うコツ

定期的なオーバーホールをしておけば、機械式時計はクォーツ時計よりも長く使えます。ただ利用方法によっては短い期間で、直せなくなってしまう場合があるので気をつけるべきです。このタイプの商品は気温の変化に弱く、急に変わると内部の機械がおかしくなります。耐久性は高い時計ですけど、温度変化には弱いので注意がいります。

機械式時計は金属でできているため、サビなどのトラブルが起きやすい特徴を持っています。湿度が高い所に保管しておくと、内部の金属がサビてしまうので注意がいります。機械式腕時計はベルトを使って利用しますけど、ベルト部分の異常も確認しておくと困りません。定期的に交換しておけば、見た目の良い機械式時計を長く使えます。

ウブロとは、1980年に設立されたスイスの有名高級時計メーカーです。大きなスポーツ大会などオフィシャルスポンサーなども行なっています。