憧れの的のロレックス

ロレックスは時計好きでなくても多くの人に知られているブランドだと言われています。創業は1905年で、時計製造が盛んなスイスではなくロンドンに本拠地を構えましたが、後にスイスに移転しています。防水式や自動巻き、自動日付表示など様々な機能が付加されたモデルを多く開発し見た目も高級感に溢れています。値段は数百万円以上するものが多くあるため、中々手に入れることができない時計ファンの憧れの的だと言われているブランドです。

ヴァシュロン・コンスタンタンとは

200年以上続くブランドが、ヴァシュロン・コンスタンタンです。こちらもスイスを本拠としており、19世紀後半に女性用の腕時計を開発したことで世界中に名が知られるようになりました。このブランドの最大の特徴は、超がつくほど薄型の時計を開発していることです。薄いだけでなく機能性も高く、シンプルな見た目が多くの人を惹きつけています。

イタリアのパネライとは

時計と言えばスイス製のモデルが多いため、イタリアの時計と聞くと意外に感じる人がいるかもしれません。パネライはイタリアのブランドで、ガッチリとした見た目が特徴です。それと言うのも、イタリア海軍がかつて使用していた軍用時計をモチーフとしているため、力強さを表現したつくりとなっているのです。見た目だけでなく、他の時計に比べると大型のモデルであるため特に男性に人気のブランドです。

時計製造も行うカルティエ

カルティエはフランスのブランドですが、ネックレスやジュエリーなどで有名です。しかし、時計の製造にも力を入れているのです。20世紀初頭に時計の開発を始め、基本的に男女兼用や女性専用のモデルを発表してきました。しかし、2010年にカルティエ初となる男性専用のモデルを発表したことで注目を浴びました。

ブライトリングはスイスの腕時計メーカーです。このメーカーのナビタイマーは、大空に羽ばたくようなエンブレムとともに、文字盤の周囲にこれでもかと刻まれたメモリと数字が、大空への憧れを想起させます。