しっかりメンテナンスできる店舗で購入しましょう!

腕時計を買う場合は、まずメンテナンスがしっかり行われているかをチェックする事です。腕時計を長く愛用するには定期的なメンテナンスは必要不可欠と言えます。メンテナンスを怠っていると、ネジなどが緩むなどの理由で時計の精度に誤差が生じてしまう可能性があるからです。そのため、通常は数年に一度は購入した店舗でメンテナンスをしてもらうのが理想です。しかし、一部ではありますが、メンテナンスができる環境が整備されていない店舗もあります。

近年、並行輸入品で時計を買う人が増えていますが、並行輸入品の場合、パーツの一部が替わっている可能性もあるため、メーカーでの修理が難しくなってしまいます。また買取店に売る際は査定額が大幅に下がってしまう可能性があります。腕時計を買う前は事前にメンテナンスができるかどうかチェックしておくと良いでしょう。

細かくコンディションをチェックする事も大切!

腕時計を新しく買う場合は、リーズナブルだという理由で中古のものを購入する人は多い傾向にあります。ただ、中古の腕時計を購入する際は、時計のコンディションなどを詳細に店舗スタッフに確認するのが良いでしょう。理由としては、店舗ごとに中古の腕時計に対する手入れの方法が異なっているからです。例えば手間暇をかけて新品に近い状態にしてから販売する店舗もあれば、仕入れ時のコンディションのまま販売する店舗もあります。店舗によって時計のケアに対する考え方は異なるので、中古の腕時計を購入する場合は、細かく状態をチェックするようにしましょう。

パネライは1860年イタリア海軍の為に精度と耐久性に優れた時計を作るところから始まり、1997年からリシュモングループに加入したことをきっかけに一般市場へ参入し始めました。